沿革

1993年
・自立生活センター神戸Beすけっと設立(兵庫区)
(当初の目的は、初代代表・澤田 隆司(さわだ たかし)により、ボランティアの支援のみでは立ちゆかない当事者の地域生活を、制度によって24時間保障すること)
・「全身性障害者介護人派遣事業」指定
 (当時の制度では1ヶ月あたりの上限64時間)
1994年
・ピアカウンセリング開催(宝塚キントーン作業所等と連携)
・自立生活プログラムを開催(六甲デイケアセンター等と連携)
1995年
・【関係団体】被災地障害者センター(現・拓人こうべ)設立
1997年
・阪神淡路大震災で事務所が被災したため、神戸市長田区片山町に震災復興住宅として事務所を移転
1999年
・ピアカウンセリング講座開催(初めて当団体主催)
・自立生活プログラム(個人・グループ)を開催(初めて当団体主催)
2001年
・「2003年を考える会」に参加
2003年
・事務所拡張のため、神戸市長田区長田町に事務所を移転
・NPO法人設立(支援費制度開始に伴う)
・「サポートステーションBeすけっと」事業開始
2005年
・小学校よりボランティア体験の受け入れ(以降も継続的に)
2006年
・手話講座開催(以降も継続的に開催)
・視覚障害者対象ピアカウンセリング講座開催(視覚障害者ピア・カウンセラー連絡会『歩夢』(ぽむ)と連携)
2007年
・木口財団女性「障害種別ごとのピアカウンセリング講座」開催
①公開セミナー:新長田ピフレホール
②視覚障害者対象講座:神戸生活創造センター内会議室(神戸クリスタルタワー)
③聴覚障害者対象講座:心身障害者福祉センター
④精神障害者対象講座および公開セミナー:あうてっぷkobe
⑤知的障害者対象講座:神戸勤労会館
⑥障害種別不問の集中講座:しあわせの村内研修館
2013年
・事務所拡張のため、神戸市長田区長田町に事務所を移転