自立生活センターとは?


『Beすけっと』って何?

〜自立生活センター神戸Beすけっと 設立趣意書〜


障害があっても普通にくらせる「ノーマライゼイション」という考え方が浸透しつつある現在ですが、実際に「障害者」をとりまく今の私たちの地域社会では、障害を持つ人が生活していくには未だ多くの困難をともなっています。

多くの「障害者」は施設や親許にあって外出の機会も少なく、十分な社会参加もできないまま不自由な生活を送っています。また、親許を離れて自立生活を送っている人も、介助や住宅などの問題を抱えながら生活をしているのが現状です。

そこで私たちは障害を持つ当事者としての立場から、「障害者」がごく当たり前に生きていける地域づくりを目的として、以下の活動を行っていこうと考えています。

 


活動目標


1.「障害者」の地域での生活を支援する事業を行う。
   @「障害者」の生活介助の支援
   A「障害者」の生活相談・自立促進

2.「障害者」も住み良い街づくりの為の活動を行う。

3.障害を持つ仲間とのネットワークを広げる。

4.多くの市民の理解と協力が得られるようにイベント、啓発活動を行う。

 

また、上記活動を行う上で「障害者」自身の主体性が不可欠と考えていますので、組織運営については「障害者」会員により構成される会員総会を意思決定機関とする、会員の運営となっています。

 


事業の概要


■ピア・カウンセリング
ピア・カウンセリングでは、障害を持つ当事者自身が自己決定権や自己選択権を育てあい、支えあって、隔離されることなく、平等に社会参加していくことを目指しています。
障害を持つ当事者が、お互いに平等な立場で話を聞き合い、きめ細かなサポートによって、地域での自立生活を実現する手助けをします。

■自立生活プログラム
自立生活プログラム(ILP)とは、障害者が自立生活に必要な心構えや技術を学ぶ場です。障害者と健常者が共に生きる場をつくるために、まず「障害者自身が力をつけていく場」です。
施設や在宅の閉鎖的な場所で暮らしてきた障害者が社会の中で自立生活をしていく時に、先輩の障害者から生活技能を学ぶためにつくられた、障害者文化の伝達の場ともいえるものです。生活技能とは、対人関係のつくり方、介助者との接し方、住宅、性について、健康管理、トラブルの処理方法、金銭管理、調理、危機管理、社会資源の使い方、などです。
各プログラムの内容は対象者の目標によって決めます。「介助者との関係」や「制度を使いこなす」、「指示を出して好きな料理をつくる」、「金銭管理」、「フィールドトリップ(外出プログラム)」など、自立生活に必要なあらゆることがプログラムとして提供されます。
ILPのリーダーは障害をもつ当事者が担当しますので、安心して相談、質問ができます。
・権利擁護活動
・各種相談業務
・自立体験室事業
ご希望の方には、自立体験室を有料にてお貸し致しますので、自立生活の体験や、旅行や研修などの宿泊先として、是非ご利用ください。

■重度訪問介護講座


■介助派遣サービス・コーディネート事業
(指定居宅介護・重度訪問介護事業所「サポートステーションBeすけっと」との連携)
サポートステーションBeすけっとに登録していただいた障害者の方の依頼に対して、 介助者をコーディネートして派遣致します。
介助内容は、トイレ・着替え・食事・入浴などの身辺介助や、家事介助、外出(車椅子)・泊まり介助などで、 可能な限り対応させていただきます。

■機関誌「THINKING YOUR LIFE」の発行
印刷物・朗読テープ・データ送信がありますので、ご希望のものをお申し出ください。

 


ホーム沿革自立生活センターとは?会員・アクセスお知らせリンクお問い合わせ個人情報について